「令和4年度 建築物のライフサイクルコスト講習会」
WEB講習会開催のご案内
※当該講習会の受付を終了いたしました。多数のお申込み、ありがとうございました。

■ 講習会開催趣旨 ■

 我が国では人口減少、少子高齢化や厳しい財政状況など社会経済状況が大きく変化したことや、高度成長期以降に集中して整備された社会資本の老朽化が今後急速に進むことから、国民にとって真に必要な社会資本を整備し、適切に維持管理・更新していくことが重要な課題となっており、社会資本の老朽化対策や長寿命化が強く求められています。
 平成25年11月には、「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」(平成25年6月14日閣議決定)に基づき、「インフラ長寿命化基本計画」が策定され、国、地方公共団体の各機関は「インフラ長寿命化計画」(行動計画)を策定するとともに、これに基づく「個別施設毎の長寿命化計画」(個別施設計画)を策定して戦略的な維持管理・更新等を推進することとされました。さらに、計画策定後も不断の見直しを求められています。
 建築物についてもこうした「行動計画」や「個別施設計画」の策定対象であり、従来の初期投資に重点をおいた考え方に代わり、基本構想から設計・建設、運用・保全、解体処分にいたるライフサイクルに着目し、長期的視点に立った総合的な検討の重要性が強く認識されるようになりました。
 書籍「建築物のライフサイクルコスト」は平成5年に創刊後、平成12年及び平成17年の2度にわたり改訂され、建築物のライフサイクルコスト算定のための手引書として活用されてまいりました。その後10年を経て建築物の有効活用や長寿命化へ要請が高まってきたことから、平成27年度から当財団に「建築物のライフサイクルコスト」改訂検討委員会並びに改訂検討作業部会を設置して、時代の要請に応えることができるよう記載内容やデータベースの大幅な改訂を行い、「平成31年版 建築物のライフサイクルコスト」として発刊しました。本書がこれまで以上に広く活用され、わが国の良質な建築資産の形成に寄与することを期待する次第です。今後、大規模な修繕等を要する時期を迎えるにあたり、多くの関係者に本書を活用していただき、建築物のライフサ イクルコストを考慮した建設・維持管理・更新等が図られますよう、講習会を開催いたします。

一般財団法人建築保全センター
理事長 奥田 修一

主    催 一般財団法人 建築保全センター
後    援 国  土  交  通  省
一般社団法人 公共建築協会
一般財団法人 建築コスト管理システム研究所
協賛協力団体
(予定)
(一財)経済調査会
(一社)建築設備技術者協会
全国管工事業協同組合連合会
(一社)全国警備業協会
(一社)全国建設業協会
(一社)全国中小建設業協会
全国ビルリフォーム工事業協同組合
(公社)全国ビルメンテナンス協会
(一社)日本エレベーター協会
(一社)日本空調衛生工事業協会
(一社)日本建設業連合会
(公社)日本建築家協会
(一社)日本建築学会
(公社)日本建築士会連合会
(一社)日本建築士事務所協会連合会
(一社)日本サッシ協会
(一社)日本設備設計事務所協会連合会
(一社)日本電設工業協会
(一社)日本ビルヂング協会連合会
(公社)日本ファシリティマネジメント協会
(公社)日本ペストコントロール協会
(一社)日本冷凍空調設備工業連合会
(公社)ロングライフビル推進協会

WEB講習会日程

■開催日時 配信日: 6/30(木)、7/1(金)、 7/4(月)、 7/5(火)
配信時間: 各日共 13:30 〜 16:30
■募集人員 各日共100名
■通信確認テスト 6/28(火) 10:00 〜 12:00
■受講方法 Zoomウェビナーでの配信となります。「Zoom配信」について、事前にZoom.USから「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードして頂き、事務局から送付の「講習会への参加URL」で参加が可能となります。こちらのZoom事前登録をご確認ください。

■ 講習会プログラム

時 間 受講内容
13:30〜13:35 開会あいさつ
13:35〜14:20 全容・基礎編
14:20〜14:30 −休憩−
14:30〜15:20 実践編
15:20〜15:30 −休憩−
15:30〜16:30 解説編

●建築物は従来の初期投資に重点を置いた考えに代わり、ライフサイクルに着目し長期視点に立った総合的な検討の重要性が認識されています。新たに改訂発行の書籍をわかりやすく解説します。
●ZOOMウェビナーでの配信となります。受講者の映像等を表示することはありません。

○この講習会は、継続能力/職能開発研修に参加しようとする建築士、建築設備士及び建築施工管理技士の「建築CPD情報提供制度」のプログラムに認定(予定)されています。
○この講習会は、「認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格者」の「更新講習B方式ポイント対象セミナー」に認定(予定)されています。

■受講料

会員※ 9,000円(レジメ・資料、消費税等を含む。テキストは含みません。)
非会員 10,000円(レジメ・資料、消費税等を含む。テキストは含みません。)

※会員とは、以下の機関、団体の職員又は会員をいいます。

・(一財)建築保全センター賛助会員
・後援、協賛団体の会員(上記記載の協賛協力団体)
・国、地方公共団体、公的機関の職員
・建築仕上げ改修施工管理技術者

■テキスト

「平成31年版 建築物のライフサイクルコスト(第2版)」

(受講者特別価格)15,300円(税込)

※既にお持ちの方は、当日お手元にご用意の上ご参加ください。

■申込方法

(※申込後、受講受付票を送信いたします)

⇒当財団のホームページ(https://www.bmmc.or.jp/)から申し込みください。
以下の参加申込フォームに必要事項を記入し、送信してください。
申込完了メールを自動送信いたします。申込完了メールが届かない場合にはご連絡ください。

■申込締切 6/15(水)   ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
(資料等発送の都合により、 6/15(水)以降のお申込みはお受けいたしかねます)
■支払い方法 申込完了メールに、振込先と金額が記載されます。メールに従いお支払いをお願いいたします。
希望者には「請求書」を郵送いたします。銀行振込、郵便振込のどちらでも可能です。
※納付された受講料は、特別な理由(開催中止・事故・入院等)以外は原則として返金いたしません。

■配信日までの流れ  ,監金確認後、申込みご住所宛てに「資料等」を送付します。(6/6(月)頃〜随時発送予定)
 △甘佻燭い燭世い織瓠璽襯▲疋譽弘犬法◆崋講アドレス」を送信します。(6/24(金)送信予定)
 D命確認テスト実施。(6/28(火)予定)
 せ臆弾時になりましたら受講してください。
■ご注意 ご視聴については、安定した通信環境が必要です。パソコンを使用してご覧になる場合はできるだけ有線LANをご利用ください。 Wi-Fiをご利用の方は、画面表示が遅くなる場合があります。通信環境の安定した場所からご利用ください。
PC推奨環境、サポートされているオペレーティングシステム等については、
ZOOMヘルプセンター:Windows、macOS及びLinuxのシステム要件を参照ください。
■申込先 お問合せ 一般財団法人建築保全センター
【お問合せ】
〒104-0033 東京都中央区新川1-24-8
TEL 03-3553-0070 FAX 03-3553-6767
E-mail:kousyukai@bmmc.or.jp 担当:影山、押切、杉山
このページのトップ