国土交通省大臣官房官庁営繕部監修
国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン
講習会のご案内
※受付を終了いたしました。多数のお申込み、ありがとうございました。

■ 趣 旨
 国の機関の建築物は国民の財産であり、利用者にとって使いやすく、公共サービスの提供のためにも品質の優れた社会資本であることが望まれています。一方で、社会経済情勢の変化を背景とした公共投資の抑制が続いていることから、現在保有している施設を適切に保全し、長期にわたり活用していくことの重要性が改めて認識されています。
 平成17年には官公庁施設の建設等に関する法律に基づく「国家機関の建築物及びその附帯施設の保全に関する基準」が告示として示されるとともに、同年に施行された改正建築基準法により、国や都道府県、市町村などが管理する建築物に対しても定期点検が義務付けられました。そして、平成20年に「建築基準法第12条に基づく定期報告等制度の見直し」が行われ、点検等の詳細な項目、その方法及び結果の判定基準が国土交通省告示により示されたこと等を踏まえ、国の機関の建築物の点検について、専門的な内容を平易に説明した実務的な図書として、平成24年に「国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン」(平成24年版)を発行し、関係する方々にご活用いただいてきました。
 平成24年以降も、建築物に係る事故の発生などを踏まえ、点検項目等について関係告示の改正が行われてきており、平成28年には建築基準法に基づく定期報告制度の見直しが再度行われ、関係告示も整理されるとともに、官公庁施設の建設等に関する法律等についても改正が行われています。このような状況を踏まえ、法令・告示等の改正に対応して改訂を行った「国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン」(平成29年版)を発行いたしました。
 本講習会は、実務的な情報を提供し、適正な保全の推進と保全業務の効率化を目指して、上記ガイドラインの要点のみならず適正な保全の重要性の理解に役立つ内容となっております。関係する皆様方に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

主    催 一般財団法人 建築保全センター
後    援 国  土  交  通  省
協    賛
(一社)公共建築協会
(一財)日本建築設備・昇降機センター
(公社)日本建築士会連合会
(公社)ロングライフビル推進協会
(一社)日本建築士事務所協会連合会
(公社)全国ビルメンテナンス協会
(一財)日本建築防災協会

説明会場・日程

開催地 開催日 定員 会場 住所/電話
東京都 10月24日(火) 200 ビジョンセンター浜松町 5F F+G室 東京都港区浜松町2-8-14 浜松町TSビル5F
TEL 03-6262-3553
仙台市 10月26日(木) 70 フォレスト仙台 1・2会議室 宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45
TEL 022-271-9340
名古屋市 11月7日(火) 90 ABO HALL(安保ホール)3階 301号室 愛知県名古屋市中村区名駅3-15-9
TEL 052-561-9831
大阪市 11月8日(水) 120 CIVI研修センター新大阪東 E705 大阪府大阪市東淀川区東中島1-19-4
TEL 06-6160-5888
福岡市 11月14日(火) 90 福岡建設会館 701会議室 福岡県福岡市博多区博多駅東3-14-18
TEL 092-472-2777
広島市 11月15日(水) 70 RCC文化センター7階 701 広島県広島市中区橋本町5−11
TEL 082-222-2277
札幌市 11月21日(火) 80 北海道建設会館 8F A会議室 北海道札幌市中央区北4条西3丁目1番地
TEL 011-261-6188

○この講習会は、継続能力/職能開発研修に参加しようとする建築士、建築設備士及び建築施工管理技士の「建築CPD情報提供制度」のプログラムに認定(予定)されています。また、国土交通省後援講習会として「営繕業務関係特別認定講習会」(ポイント加算対象)にも認定(予定)されています。

■ 説明内容・時間 ■ テキスト
13:00〜13:30 13:30〜16:30
(休憩15分含む)
受    付

・あ い さ つ
・概    要
・解    説

■ 講 師
  建築保全センター職員

会場案内図

東京会場 10月24日(火) 仙台会場 10月26日(木) 名古屋会場 11月7日(火)

ビジョンセンター浜松町
※JR山手線・京浜東北線 浜松町駅
(南口-S5階段・金杉橋方面) 徒歩3分

フォレスト仙台
※JR仙山線 北仙台駅 徒歩10分
地下鉄南北線 北四番丁駅 北2出口 徒歩約7分

安保ホール
※JR名古屋駅 徒歩3分

大阪会場 11月8日(水) 福岡会場 11月14日(火) 広島会場 11月15日(水)

CIVI研修センター新大阪東
※JR新大阪駅 東口50m
地下鉄御堂筋線 新大阪駅 徒歩5分

福岡建設会館
※JR博多駅 筑紫口 徒歩15分
地下鉄東比恵駅 1番出口 徒歩2分

RCC文化センター
※JR広島駅(南口・在来線口) 徒歩10分
路面電車 銀山町電停 徒歩5分

札幌会場 11月21日(火)

北海道建設会館
※JR札幌駅南口 徒歩3分
地下鉄札幌駅5番出口(成友ビル)13番出口(東急)

■受講料

会員(テキスト共で 12,000円、受講料のみで 7,000円)
非会員(テキスト共で 13,000円、受講料のみで 8,000円)
(講習資料、消費税等を含む。)

納付された受講料は、特別な理由(事故、入院等)以外は原則として返金いたしません。

※会員とは、以下の公共機関、団体の会員をいいます。

・(一財)建築保全センター賛助会員
・国・地方公共団体、公団・公社公的機関の職員
・後援、協賛団体の会員

■申込方法

(※申込後、受講票を送信いたします)

⇒当財団のホームページ(http://www.bmmc.or.jp/)から申し込む場合
以下の参加申込フォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

⇒FAXで申し込む場合
「ー講希望地」「勤務先、勤務先、住所、電話番号、FAX番号」、「E-mailアドレス」、「せ臆端垰疚勝柄完)」、「ゼ講種別(会員、非会員)」、「Ε謄ストの有無」等必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。お申込みを受け付けましたら受講票を送付いたしますのでご確認ください。

※お申込みを受け付けましたら
.曄璽爛據璽舷醜の場合、参加申込フォームより送信後、受付票をメールにて送信します。また、ご入金確認後、「受講票」を送信します。
FAX申込の場合、ご入金確認後FAXにて「受講票」を送付いたします。

■申込締切 各会場共に定員になり次第、又は各会場開催日1週間前の同曜日で締切らさせて頂きます。
■申込先 お問い合せ 一般財団法人建築保全センター
【お問い合わせ】
〒104-0033 東京都中央区新川1-24-8
TEL 03-3553-0070 FAX 03-3553-6767
E-mail:kousyukai@bmmc.or.jp 担当:影山、押切
このページのトップ