ホーム > 情報セキュリティポリシー
情報セキュリティポリシー
情報セキュリティポリシー
平成20年6月1日
一般財団法人 建築保全センター
理事長  尾島 俊雄
1.目的
当財団は、官公庁施設等の保全に関する総合的な調査研究及び技術開発、建築物等の適正な保全に関する情報を提供することにより、国民生活環境の向上及び経済の発展に貢献することを使命としている。
そのため、情報セキュリティを重要な事項と位置づけ、これに適切に対処していくため、法令の遵守、契約事項の遵守はもちろん、就業規則など職員行動の基本規定を遵守し、情報システムの破壊を防ぎ、データの正確さを保持し、データベースを保全し、社内情報の漏洩を防ぐ。これに必要な基本事項を本ポリシーに定め実行のための活動を行う。
2.遵守事項
業務を遂行するにあたって、法令遵守・契約事項の遵守を行う。
2.1法令等の遵守
業務を実施するにあたって、情報セキュリティに関わる法令、その他の規程類を遵守する。
2.2契約上の義務の遵守
顧客との契約書上に記載される守秘事項等を遵守する。
3.情報資産の保護
当財団の情報資産を不正アクセス、漏洩等の脅威から保護するために、是正に適切な措置を講ずるため、それぞれの業務に応じて適切に管理する。
4.情報セキュリティの体系
本ポリシーのもとに、「情報セキュリティ手順書」を策定する。
5.組織体制
理事長を最高責任者とし、その下に情報セキュリティに関する統括組織として、「情報セキュリティ対策本部」を設置し、情報資産のセキュリティ対策の推進を図る。
6.教育
役員、職員等(協力会社社員を含む)に対する情報セキュリティに関する教育を継続的に実施する。
附則
 情報セキュリティポリシーは、平成20年6月1日から施行する。
このページのトップ