ホーム > 発行図書 > 国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン
出版図書のご案内(国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン)
国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン
 

監修/国土交通省大臣官房官庁営繕部計画課保全指導室
編集・発行/一般財団法人建築保全センター

 国の機関の建築物は国民の財産であり、利用者にとって使いやすく、公共サービスの提供のためにも品質の優れた社会資本であることが望まれています。一方で、社会経済情勢の変化を背景とした公共投資の抑制が続いていることから、現在保有している施設を適切に保全し、長期にわたり活用していくことの重要性が改めて認識されています。 平成17年には官公庁施設の建設等に関する法律に基づく「国家機関の建築物及びその附帯施設の保全に関する基準」が告示として示されるとともに、同年に施行された改正建築基準法により、国や都道府県、市町村などが管理する建築物に対しても定期点検が義務付けられました。
 平成20年には「建築基準法第12条に基づく定期報告等制度の見直し」が行われ、点検等の詳細な項目、方法及び結果の判定基準が国土交通省告示により示されたこと等を踏まえ、国の機関の建築物の点検について、専門的な内容を平易に説明した実務的な図書として、平成24年に「国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン(平成24年版)」を発行し、関係する方々にご活用いただいてきました。
 平成28年には建築基準法に基づく定期報告制度の見直しが再度行われ、関係告示も整理されるとともに、官公庁施設の建設等に関する法律及びその関係告示についても改正が行われています。このような状況を踏まえ、法令・告示等の改正に対応した「国の機関の建築物の点検・確認ガイドライン(平成29年版)」を発行いたしました。
 本書は、国の機関の建築物の保全に関係される方々などを対象に、法律に基づく点検等の実施にあたっての留意事項等を整理した参考書であり、建築物の適正な保全の推進に広くご活用いただけるものです。

平成29年発行  A4判・406頁  本体4,800円+税
目次
第1編 国の機関の建築物を対象とした[点検]及び[確認]
1. [点検]及び[確認]の根拠規定
2. [点検]及び[確認]の対象
3. [点検]及び[確認]の周期
4. [点検]を実施できる資格者及び[確認]の担当者
5. [点検]及び[確認]の対象項目、方法及び判定基準
6. [点検]及び[確認]の一体的な活用
第2編 [点検]ガイドライン
1. [点検]の手順
2. [点検]の対象項目、方法及び判定基準等
第3編 [確認]ガイドライン
1. [確認]の手順
2. [確認]の対象項目、方法及び判定基準等
3. [確認]の対象各部、判定基準等の解説
第4編 [点検]及び[確認]の結果の記録と活用
1. 保全台帳の記録様式
2. [点検]の結果の記録様式及び記入例
3. [確認]の結果の記録様式及び記入例
4. 保全台帳への記載
付録1 用語の解説
付録2 関係法令(抜粋)
お申込み方法
 ご注文は各販売所又は一般財団法人 建築保全センターにて承ります。FAX(03-3553-6767) または、お申込み入力フォームよりお申し込みください。
 ●図書は宅配便で請求書(代金・送料(税込))を同封してお送りします。お支払いは郵便振り込みにてお願いします。
  個人でのご購入の方は、請求書と振込用紙をお送りしますのでご入金をお願いします。ご入金確認後宅配便にてお送りします。
 ●ご購入金額3,000円(税込)以上は送料無料といたします。
 
図書購入申込書(FAX送信用)       →図書購入お申込み入力フォーム
 
【お問合せ先のご注意】
当センターから平成19年以前発行の書籍の奥付には当センターの旧住所・電話番号が記載されているものとなりますので、となりますので、お問合せ等の際にはお間違えのないようにご注意ください。
このページのトップ